まずは

怪我人が多すぎる、しかも期待していた若手に(泣)

特に小屋松君、森君は半年後精神的に強くなって戻ってきてほしい。

これまでの不満

怪我人多いから順位はまあいいとしても、内容がねぇ...

正直試合見ててもおもしろくない。

縦パス1本、サイドからのクロスだけだったピクシーサッカーから、今季は西野監督の中盤構成力から厚みのある攻撃サッカーへの「改」を期待していた自分としては少し残念な状況です。

多少パスを絡めた攻めはあるものの中盤でボールを拾えず、攻撃も単発で薄い気がしてなりません。

失点数を見るかぎり、原因は守備にあるといいたいところだが、玉田が中盤に下がらなきゃいけない現状を見るかぎり中盤に問題があると思うのは私だけだろうか。

昨季から運動量の少なさが目立っていたが、今季も対戦相手に走り勝ててない印象がある。逆に走り勝てた試合では勝利につながっている気がする。

これから暑くなってくるのでさらに走り勝つよう頑張って、私たちを楽しませる試合をしてほしい。

これからへの期待①

ナビスコカップの新潟戦と9節鳥栖戦の後半は個人的に期待が持てた。

両方とも終盤に失点して結果は出なかったが、攻撃に流れがあったし、攻撃的な姿勢がみてとれた。

この2試合に共通するのが矢田君と青木君の出場である。

矢田君の左足での右サイドからの突破と青木君の独特なボールコントロールは、永井のスピードと同じような「違い」を感じる。

そう。観ていてワクワクするのです。

スタメンに定着するにはスタミナや体づくりの面でまだかも知れないけど、期待してます。

これからの期待②

獲得のうわさのあるレアンドロ・ドミンゲス。

名古屋の中盤を変えることができるのか。永井のレンタル延長とともに期待してます。

最後に

これからできるだけグランパス愛をこのブログにぶつけていこうと思います。