資産運用を長期で行うために一番最初にやるべき重要なことがあります。

それは、目的と目標をはっきりと決めることです。

 

まず、なぜ目的をはっきりさせないといけないのか、

それは資産運用を続けていると、時にめんどくさいことや、上手くいかないこと、退屈なことが色々と起こります。

 

それでも諦めずに運用を続けていくためには自分の実現したい目的、つまり続けていくモチベーションが必要です。

どんな人生にしたいか、お金を増やして何をしたいか、ライフプランを考えながらお金のことを考えてみてください。

 

目的は、経済的な自由が欲しい、持ち家を購入したい、車が欲しい、ちょっとお小遣いの足しにしたいなど人それぞれだと思います。

私の場合は、”安定した配当金などを得て週末移住する、そしていつか経済的に自由になる”ということでした。

 

次に目標ですが、

ここでは目的のライフプランを達成するために

’いつまでにいくらに増やしたい’と具体的に決めてください。


なぜか。


投資は基本的にハイリスク・ハイリターンの関係にあります。


100万を元手に5年後に300万円に増やしたい人は債権や定期預金では到底実現できません、株などの選択なるでしょう。


逆に1000万円を元手に毎月のお小遣いを1万円増やしたいという人は株などで運用するのは必要以上にリスク取ってしまっているかもしれません。

 

つまり、いつまでにいくらお金を増やしたいのかを決めないと

要らないリスクを取ってしまったり

そもそも達成の可能性が無くなってしまったり してしまいます。


なので、目的を達成する気持ちと、自分の中で取ることのできるリスク(減るのも覚悟)を

天秤にかけながら

目的と目標を決めていくことが大事です。

 

当たり前のことですが、資産運用をする際に

先ずはすべき、大事なことです。


今日も読んでいただきありがとうございました。
それでは皆様の投資が明日もうまくいきますよう。